快気祝いも大切ですが、お礼の手紙を送り近況を伝えましょう

メールが普及し郵便で手紙を送ることが少なくなりました。
メールは使い勝手が良く文章が仕上がると「秒」で相手先に到着します。
本当に便利な時代になりました。
郵便ポストを開けると手紙が入っていて、懐かしい人や友人からだと嬉しくなります。
何度も読み返し文字の筆づかいや文章表現で相手の心を察することも出来ます。
手紙でもお礼の手紙を頂くと思いが違ってきます。
病気で入院し見舞った方からの近況を頂くと、かなり回復された様子で良かった、と安堵します。
お礼の手紙を出す方も、ここまで回復しました、と伝えると良いでしょう。
快気祝いは品物で贈りお礼の印になりますが、手紙を書いて伝えることで一層心が伝わります。
まず快気祝いと思わずお礼の心を伝えるのも大切ではないでしょうか。