快気祝いの風習はあった方が良いですか、無くなっても構いませんか

私たちは古くから伝わる風習とともに暮らしてきました。
現代では地域や集落で開発が進み、新しい人が住むとひとつの街が出来ます。
色々な人と付き合えて良いのですが、元から暮らす人たちにとってはその地に根付いてきた風習が変化していくことを寂しく思う方もいます。
しかし地域全体で見ると仕方がないことです。
風習として残るものに快気祝いがあります。
快気祝いは入院や療養中に見舞ってくれた方にお礼をするものです。
普通は返礼しますが昨今ではしない方も増えています。
知らない・出費の嵩み・病気の為失職など経済状況の悪化が主です。
これからを考える上で快気祝いという風習はあっても良いですが、無くなっても気を遣わなくて済むので良いかも知れません。
気を遣わない程度の見舞い方をしてはっきりと快気祝いを辞退するのも良いのではないでしょうか。