病人との会話を快気祝いが届いた時に再度思い出してみよう

ふとした時に話の内容を思い出すことがあります。
楽しかったこと怒りを覚えたことなど様々です。
随分前の話であれば、なぜあの時あの言葉しか出なかったのだろう、と若さゆえの物事の解釈の甘さを恥じることもあります。
実はこういう話の方が多いかも知れません。
届け物があり見てみると快気祝いです。
病気で入院の知らせを聞き見舞った方から回復の印として贈って下さった品です。
回復されたのだという喜びと見舞った時の会話を思い出します。
病気をすると気持ちが敏感になり今まで見えなかったものが心を通して見えるようになり病人と会話をすると驚くことを言う場合があります。
それが聞き手の後の人生に参考になる言葉もあるのです。
快気祝いが届いたら見舞った時の会話を思い出してみて下さい。